生理前の頭痛の予防にサプリメント・経口避妊薬・漢方薬:漢方の効果を深堀

生理前の頭痛の予防にサプリメント・経口避妊薬・漢方薬:漢方の効果を深堀

生理前の頭痛の予防には経口避妊薬(ピル)漢方薬が使われることもあります。

経口避妊薬(ピル)

経口避妊薬(ピル)の主な成分

経口避妊薬(ピル)はエストロゲンとプロゲストロンの女性ホルモンが主な成分で主に婦人科で処方されます。
服用すると擬似的に妊娠した状態を体の中に作って排卵を抑える効果があり、避妊や月経の調整、生理痛やPMSによって起きる生理前の頭痛などの緩和ができます。

女性ホルモンのバランスを安定させる

女性ホルモンのバランスを安定させる効果に優れているので、生理前のイライラや気分の落ち込みなども、自律神経も整って症状の緩和が期待できます。

経口避妊薬(ピル)

漢方

漢方では生理前の頭痛などが起きるPMSは肝(かん)の機能が失調していることをいいます。
肝とは全身の気や血(けつ)などの流れのバランスを調整している場所のことで、肝肝の機能が低下すると「気滞(きたい)」と呼ばれる気の流れの滞りがおきてしまいます。

逍遥散(しょうようさん)

これが起きると全身に気が行き渡らなくなって乳房のハリや腹部膨張間、イライラや落ち込みなどの症状がおきます。
この予防には気の流れを良くする「疏肝理気(そかんりき)」の作用のある逍遥散(しょうようさん)などを使います。
他にも漢方薬は症状の出方によって処方する薬も異なり、ピルと違って身体に負担をかけないで全身のバランスを整えます。

漢方

PMS(生理前症候群)にサプリメントを試した後輩

PMS(生理前症候群)にサプリメントを試したら、体がらくになり、精神的にも安定。
生理前はいつも頭痛や情緒不安定で、彼氏にあたっていたのがウソみたい。

ルナベリー


これは私の後輩の体験談。
彼女はあれからずっとPMSサプリメントを飲み始め、彼氏との仲も良くなり昨年秋ゴールインしました。
>>ルナベリー詳細はこちら<<

PMSサプリに含まれる成分

PMSサプリに含まれる成分には、「女性ホルモンに働きかけ、ホルモンバランスを整える」という特徴があります。
配合されいて成分は以下のものが多いようです。
>>今すぐPMSサプリをチェックしたい方<<


チェストツリー(チェストベリー) PMS改善の定番、別名「セイヨウニンジンボク」と呼ばれる西洋ハーブ。
女性のホルモンバランスを整える働きがあり、PMSの医薬品にも配合されています。
ピクノジェノール ピクノジェノールとは、フランス海岸松の樹皮から抽出される水溶性フラボノイドで、抗酸化力が強いことで知られています。
γ(ガンマ)リノレン酸 月見草オイル・カシス種子油などに含まれる必須脂肪酸のひとつ。
ホルモンバランスを整える働きがあり、PMSに関わる「痛み」を緩和する効果が認められています。
イソフラボン 大豆に含まれているので有名です。
「エストロゲン」と同じような働きをします。

生理前の頭痛には漢方も効果的

生理前になると、頭痛や腹痛、気分の落ち込みなどが生じることがあります。
女性ホルモンの変化が原因となっており、ストレスや体を冷やし過ぎていることも要因となっています。
生理前の頭痛は鎮痛剤でも対処することができますが、鎮痛剤を長い期間使用すると効き目が薄くなり、薬物乱用頭痛に発展することがあります。そのようなことを防ぐには、漢方薬が適しています。
頭の痛みは、個人差があり、人によって痛みのタイプが異なります。主に生理前に起こるものには片頭痛や、緊張型のものが多いですが、吐き気を伴ったり、浮腫みやすかったりと様々です。
漢方薬はいろいろなタイプに合わせて薬が処方されるので、自分にあったものを服用することができます。

頭の痛みに良い漢方薬


桂枝茯苓丸 婦人科系の薬として有名で、のぼせも一緒に伴う場合に効果をしめします。
呉茱萸湯 生理に関する頭の痛みに効果があり、冷え性の人に向いている薬です。
葛根湯 風邪で有名ですが、首筋のこわばり肩こりや首筋の突っ張り感、頭痛などの症状にも良く効きます。
五苓散 水分循環を改善し、無駄な水分を取り除き、はき気や嘔吐、下痢、むくみ(浮腫)、めまい、頭痛などに効果があります。
釣藤散 頭痛やめまいをやわらげる漢方薬で、冷えのない人に向くようです。

副作用について
漢方薬にも副作用はあります。飲み合わせの悪いものもあり、下痢などを引き起こしたり、効果が半減したりするものもあります。
どのタイプのものを使用したら良いかわからない場合は、専門家に聞くと良いでしょう。

▲ページトップに戻る