生理前にはプロゲステロンが増加

生理前になるとよく頭痛が起きることがありますがこれも女性ホルモンが影響しています。
脳が病気でないときや炎症が原因でない頭痛は頭へと血液を送る血行に問題があります。

生理後:エストロゲンが増えて不要なものを体外に出します

血行に影響が出て生理前に頭痛が起こすのが女性ホルモンで、主な働きに出すことと貯めるがあります。
女性ホルモンのエストロゲンは生理後に増えて体の新陳代謝を上げて老廃物を排出します。

排卵時:プロゲステロンが増加する

生理前にはプロゲステロンが増加

また排卵と一緒にプロゲステロンが増加します。
プロゲステロンは妊娠に備えて栄領分や水分などを胎児のために貯めるホルモンで、増加することでエストロゲンが減って逆にエストロゲンが増えると減ります。
バランスを保ちながら女性の生理と妊娠を調整していますが、生理前にプロゲステロンが増加すると体の機能が貯めることに変わります。

生理前の頭痛の原因は「頭部への血流の停滞」

血管は拡張して太くなって血管内も広がるので圧力がかかりにくいです。
圧力がかかりにくいと血液はスムーズに流れにくくなって停滞します。
血液が流れないことで体の隅々にまで栄養分を運ぶことが出来なくなり、頭部への血流だとおきていると重力に逆らい流すことになるので弱い圧力だと逆らうのが難しくなります。
頭部への血流が停滞することで生理前の頭痛が起きますし、他にもめまいや眠気、精神的な不安定を起こします。
この症状を生理前症候群と呼んでいます。
>>生理前の頭痛で困ったら<<

▲ページトップに戻る