ホルモンの影響で生理前の頭痛が起きるのを予防するには

生理前の頭痛を予防

 

ホルモンの影響で生理前の頭痛が起きるのを予防するには血流の流れを良くして血液の循環を上げることが大切です。
ただ急激な血圧の上昇は危険なので自然な血流のよさを日常的に保つことが必要です。

 

血流の流れを良くして血液の循環を上げる
自然な血流のよさを日常的に保つ

 

頭痛予防の具体的方法

 

ホルモンバランスを整えることで急激な変化も予防できます。

 

 

大豆などに含まれているイソフラボンが血液の循環を良くする

 

大豆などに含まれているイソフラボンはエストロゲンと同じような働きをします。
血流を上げて頭痛などの不快な症状を抑えてくれますし、老廃物の排出にも効果的で血液をさらさらにする効果が期待できます。
血流向上と血液さらさら効果によって血液の循環をよくしてくれます。

 

生理前の頭痛を予防

 

 

適度な運動を心がける

 

普段から適度な運動を心がけることで血流を正常化できます。

 

 

 

マッサージや入浴で血行を促す

 

運動が苦手な人はマッサージや入浴で血行を促すことでも同じような効果があります。
ただし、生理が始まってから数日は激しい運動やマッサージなどをすると、貧血などの症状が出ることがあるので避けたほうがよいです。
頭痛などの症状が重たいときはゆっくりと休んで無理の無い範囲で行うことも大切です。

 

マッサージや入浴で血行を促す

 

 

ストレスは溜めない

 

ストレスはホルモンバランスを乱します。
とくに女性ホルモンバランスは崩れやすくてデリケートで、疲れやストレスに環境などの影響を受けやすいです。

 

生理前後や排卵時などのホルモンバランスがおおきく変化するときは体調不良も起こしやすいです。
少しでもホルモンバランスを整えるために日ごろからストレス解消をするのもおすすめです。

 

 

サプリメント

 

これらの症状を緩和させるためにはPSMサプリメントの摂取が効果的です。
PSMサプリメントの選び方としては、自分に合っているものを見つけるということが大切です。

 

>>生理前特有の頭痛などを和らげるサプリ<<