エストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンが働くことで、おおよそ28日周期の月経サイクルが生み出されています。

女性ホルモンと月経サイクル

女性ホルモンと月経サイクル

 

女性ホルモンとは脳からの指令で分泌されるホルモンのことをいい、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。
エストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンが働くことで、おおよそ28日周期の月経サイクルが生み出されています。

 

 

エストロゲンとプロゲステロンの変化

 

エストロゲンとプロゲステロンは、月経周期の中で分泌量が大きく変化します。
エストロゲンは月経の終わりごろから分泌量が増えていき、排卵の直前に分泌量はピークに達します。
その後は量が減り、しばらくしてからまた増加していきます。

 

 

エストロゲンの働き

 

エストロゲンには、子宮内膜を厚くして妊娠しやすくする働きがあります。
また、女性らしい体をつくったり、卵胞の成熟を促すといった働きもあります。

 

 

プロゲステロンの働き

 

一方、プロゲステロンは、排卵後から次の月経の間に分泌されます。
プロゲステロンには、受精卵を着床しやすいように環境を整えて、妊娠を継続させる働きがあります。
妊娠しなかった場合には、プロゲステロンは一気に減少します。

 

 

妊娠後のエストロゲンとプロゲステロン

 

受精卵が着床して妊娠が成立した場合には、エストロゲンもプロゲステロンもどちらも分泌量が増えていきます。
そして、出産するまで増え続け、子宮を大きくしたり乳腺を発達させて母乳をつくる準備をしたりといった働きをします。

 

 

>>他人には理解させにくい生理前の辛い症状を改善<<