生理前の頭痛の原因の説明

生理前の頭痛の原因

生理前の頭痛の原因

 

生理前の頭痛の原因は、生理前症候群によるものです。

 

生理前症候群とは、生理が始まる1〜2週間前に出始めて生理が始まると同時に解消される心と体にあらわれる不調のことです。
プロゲステロンという排卵後に分泌される黄体ホルモンが深く関係しています。

 

プロゲステロンとエストロゲン

 

プロゲステロンが優位になるとエストロゲンという女性ホルモンが劣位になります。
これがホルモンバランスの乱れとなり頭痛などのつらい症状があらわれてしまいます。

 

頭痛だけではなく、吐き気、腹痛、腰痛、肩こり、むくみ、便秘、肌荒れ、微熱、倦怠感、イライラする、情緒不安定になる、憂鬱になるなど様々な症状があります。症状のあらわれ方には個人差があります。

 

 


生理前症候群 と 排卵痛の違い

 

排卵痛

 

排卵痛は排卵日前後3日に起こる下腹部痛です。痛みが起こる原因は2種類あり、卵巣の表面が破れて痛む場合と、卵子を包んでいる卵胞が破れることにより生じる場合とがあります。

 

排卵は月に一回、左右どちらかの卵巣から卵子が排卵されるので、排卵痛も左右どちらかが痛くなります。生理痛の様に、シクシク痛んだり、おりものが出たり、まれに出血したりしますが、痛みそのものは1日から2日で良くなります。

 

生理前症候群と排卵痛の違いは、いつ起こるか、いつまで続くか、ということにあります。
排卵痛は長く痛みを感じることは少なく、排卵に関する痛みが終わってから生理前症候群による不快症状が起こってきます。
排卵がきちんとされているために起こりますが、あまりにも痛みがひどい場合は、他の病気が隠れている可能性があります。

 

生理前症候群

 

生理前症候群は生理になる1週間前から不快な症状が起こることを指します。

 

女性ホルモンが関係しており、生理前症候群になると、イライラや不眠、頭痛、吐き気、眠気、下腹部痛、乳房の張りが起こることが多く、自分でもどうしてイライラするのか、どうコントロールしたら良いのか悩むことがあります。
ですが生理前症候群の場合、生理が始まると症状が治まります。