生理前 頭痛

生理前の頭痛@生理前症候群(PMS)の改善や予防

生理前の頭痛

生理前の頭痛

 

ホルモンバランスの影響によって引き起こされる頭痛の場合、体が緊張してしまい、血管を収縮させることによって痛みを伴う場合がありますから、これらの痛みが出来やすいのは、寒い時や、緊張している時などに多く見られます。

 

また、酷い場合には立っていられないこともあり、仕事や学校をお休みする程の強い痛みとして現れることがあります。
ズキズキとして、頭が重たいような感覚です。

 

痛みを伴う頭部の場所は人それぞれなので、一概には言えませんが、後頭部、頭頂部、こめかみのあたりに痛みを感じる方が大くいらっしゃいます。

 

 

生理前は血行不良がさらに悪化

 

日頃から、肩凝りや腰痛を持っている場合、血行不良になっていることが多く、血液が流れにくいことによって、方周辺や腰周辺の筋肉の緊張を招き、痛みを伴っていることがあります。
加えて生理前になると、ホルモンバランスの影響によって、血液循環が更に悪くなって、頭にまで血液が流れにくくなる場合があります。

 

頭痛だけでなく、生理前や生理中になると、腰が重く感じるなどの症状に悩まされることもあり、大して痛くないからといってほったらかしにしがちです。
腰の重みを感じたら、お風呂で暖まったり、ホッカイロなどを利用して温めることによって、頭痛を軽減させることが出来ます。

 

生理前の頭痛

 

生理前に頭痛が起こった場合の対処法としては、あまり激しく動くと、脳内への血液が足りなくなり、痛みを悪化させることがありますから、出来るだけ安静に過ごすようにしましょう。
しかし、血液循環が悪くなっていることが考えられますから、お腹や腰を冷やさないようにし、暖かくして過ごすようにします。

 

食べ物なども、糖質が多い物や脂肪分が多い物を食べてしまうと、内蔵に負担が掛かり、血液が内蔵に回ってしまう為、生理の辛い症状が悪化することがあります。
生理前に頭痛などの辛い症状が表れた場合には、内蔵に負担が掛からないようにお粥などを食べるようにしましょう。

 

また、内側から冷やしてしまわないように、冷たい飲食物は避けて、温かい飲食物を摂るようにして、内側から体を温めておきましょう。

 

 

似た他の頭痛との違い

 

稀に、時期的に生理前だから、頭痛が起こっているのかな、と思うと実はそうではなく、風邪などによって引き起こされる頭痛があります。
いつもと痛みの具合が違っていたり、痛ヶ所違っていないか、痛みの様子を観察してみましょう。
また、頭だけでなく、腰の様子なども注意深く観察すると、生理前とは違った症状が表れている可能性がありますから、日頃から自信の体をしっかりとチェックしておきましょう。

 

 

基礎体温を測りましょう

 

出来れば面倒でも基礎体温を計っておきましょう。
基礎体温を計っておくことで、日頃のホルモンバランスを知ることが出来きます。

 

いつも頭痛が引き起こされる時期が月経前だといった方は、基礎体温を測っておくと、原因が月経周期との関係するものだと判明しやすいでしょう。

 

もしも違った理由によって引き起こされた頭痛であれば、対処法や服用する薬も変わり、誤った対処法で処置しても治りにくくなってしまいますから、ぜひ基礎体温をつけておくことをおすすめします。

 

基礎体温は朝、目が覚めたとき、身体を動かす前の安静時に婦人用体温計で計ります。

 

 

片頭痛の場合

 

多くの方が悩まされている片頭痛ですが、原因は人それぞれのようです。

 

慢性的な肩凝りからくる頭痛おお持ちの方は多く、緊張してしまっている筋肉が、血液の流れを悪くさせ、脳に血液が行き渡りにくくなっていることから、頭痛を引き起こすことがあります。

 

また、枕の高さが合っていないといった、環境要因によって引き起こされる場合もあり、枕の高さを自分自身の体にフィットした物を利用するようになってから、改善されたという例があります。

 

現代社会でも多くなって来ているのが、パソコンやスマホによって引き起こされる目の疲れから来る頭痛です。
仕事や勉強などでも使う機械が多くなっており、目を酷使させてしまうことによって引き起こされていますので、パソコンやスマホを使う際にはこまめに休憩を取るようにしましょう。

 

また、自信の両親のどちらかも同じような頭痛を持っていることがあり、遺伝的な要因も考えられますが、一緒に過ごしていることにより、環境要因も否定出来ません。
日頃から適度な運動をするようにして、全身の血液循環を良くすることによって改善されることもあります。

 

 

緊張型頭痛の場合

 

大事な会議の前や、ここぞという時の直前に引き起こされることが多い緊張型頭痛
実際に行われる先のことに対して極度の心配があり、精神的にも不安な状態になっていることが多く、この心理が実際に体を緊張させてしまい、血圧を上げてしまうなどして痛みとして引き起こされます。

 

あまり緊張しないように、深呼吸するなどしてリラックスしてことに望むようにしましょう。
また、アロマの香を愉しんだり、好きな音楽を聞いたり、可愛らしいペットの映像を見ることでも緊張が緩み、痛みを軽減させることが出来ます。

 


生理前症候群(PMS)とは

生理前症候群(PMS)とは

 

 

生理前に出る体や心の不調

 

生理前になると体や心に不調があらわれるという女性は多いのではないでしょうか。
それは生理前症候群(PMS)の症状によるものです。

 

主な症状としては、じつに様々なものがあります。

 

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 腹痛
  • むくみ
  • 肌荒れ
  • 便秘
  • イライラいする
  • 情緒不安定になる
  • 集中力がなくなる
  • 憂鬱な気分になる

 

ホルモンバランスの乱れ

 

生理前症候群(PMS)とは、排卵後に分泌される黄体ホルモンのプロゲステロンが大きく関係しています。
プロゲステロンの分泌が増えることで女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減ってしまいます。
これがホルモンバランスの乱れにつながり生理前症候群(PMS)の症状に結び付いてしまいます。

 

生理前症候群(PMS)がおこる期間

 

これらの症状はプロゲステロンの分泌が増える排卵後から生理が始まる日まで続きます。
症状のあらわれ方には個人差があり、全く症状がない人もいれば生活に支障をきたすほどのつらい症状が毎月出てしまうという人もいます。

 

生理前症候群(PMS)の改善や予防は

 

改善や予防のための対策としては、日頃から栄養バランスの良い食事をとったり適度な運動をしたりしっかりと睡眠をとったり規則正しい生活リズムを意識したりして健康的な生活を送るということが大切です。
症状を緩和させる効果がある漢方薬サプリメントなども市販されていますので積極的に取り入れてみましょう。


 
ルナベリーの紹介
生理前頭痛のおすすめPMSサプリ 20代から40代の多くの女性が、PMSと呼ばれる月経前症候群に悩まされています。

女性ホルモンは生理になるおよそ7日前から10日前に乱れ始めるため、その期間中は頭痛や腹痛を感じたり、普段より疲れやすくなったりします。
ルナベリーはこれらの諸症状に効果的に働きます。

 

まずルナベリーに配合されているチェストベリーですが、これは地中海沿岸原産のハーブであるチェストツリーの果実です。
このエキスには生理前特有の頭痛などを和らげる作用があります。
ルナベリーには、1粒に40mgのチェストベリーエキスが配合されています。

 

 

生理前頭痛のおすすめPMSサプリ

価格 容量 評価
通常4,400円

 ↓
【特別価格】
1回目    500円
2〜4回目 3,960円

1袋:約1か月(30粒入り) 生理前,頭痛,PMS

 

めぐルナ
めぐルナ

生理前に起きる頭痛や肌荒れ、情緒不安定など、女性特有の症状を軽くしてくれると評判のめぐルナは、植物を中心に体にやさしく働きかける成分を配合しています。

 

生理前の体の不調や気分の変化は女性ホルモンが関係しているため、体調を整える目的で婦人病に効能があると言われるハーブや生薬が利用されていました。

 

めぐルナには、チェストベリーというハーブが含まれています。
原産地のヨーロッパでは、昔から生理前の症状を和らげる民間薬として飲まれていました。
ドイツでは、PMSや更年期の症状を緩和する効果が認められ、チェストベリーが配合された医薬品が販売されています。

 

 

 

生理前頭痛のおすすめPMSサプリ

 

価格容量評価
初回価格 980円(送料無料)

定期価格 3,980円

31粒生理前,頭痛,PMS

 

 

 

生理時の発熱の対処について

生理時の発熱の対処について

 

生理時に発熱や悪寒など風邪のような症状が出ることがあります。
これは黄体ホルモンが関係しています。

 

月経には25日から38日ごとに周期があります。
妊娠しやすい体にする卵胞期、卵巣で成熟した卵子が出てくる排卵期、排卵した後受精卵が着床できるよう、子宮の内膜を柔らかくする黄体期、そして受精卵が着床しなかったときに起こる月経期です。

 

黄体期に入ると体温が上昇し、血管を収縮させ、体内の熱を逃さないようにします。
そのため通常この時期に発熱をし、風邪のような症状が見られますが、まれにホルモンバランスが崩れ、黄体ホルモンであるプロゲステロンが減少しないために生理時に発熱することがあります。

 

生理時に発熱した場合の対処法は微熱であれば、お風呂にゆっくりと入って体を温めるようにすることが大切です。
体を温めることにより血液の流れが良くなり冷えを防いでくれます。

 

食べ物ではショウガが良いでしょう。
ショウガには辛み成分が含まれており、血管を広げ血流を良くするので体全体を温めてくれます。
また、ショウガには解熱作用もあるので微熱を解消してくれます。
熱がある時は動くのが辛くなります。
そのような時は解熱鎮痛剤を使用しゆっくりと横になるようにします。


生理前の下腹部痛の症状

生理前の下腹部痛の症状

 

生理前になると下腹部痛を感じることがあります。
特に生理の1週間前ごろから下腹部痛や頭痛、イライラといった症状が出ることがあり、これを月経前症候群と呼びます。

 

生理前にこのような症状が出るのは、女性ホルモンが大きく関係しています。
排卵日から生理前までは黄体期と呼ばれ、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンが分泌されます。
黄体期は次の生理に備えるため自律神経が乱れがちになります。
自律神経が乱れると、下腹部痛などが生じてしまうのです。

 

生理前の下腹部痛を和らげるにはストレスをためないことです。
規則正しい生活をし、暴飲暴食は避けるようにします。

 

また、冷えないように体を温めることも大切です。
体を温めることにより血液の流れが良くなり、痛みを取り除くことができます。
怪我をした時などの痛みは冷やすことが大事ですが、生理に関する痛みの場合は温めることが大切なので間違えないようにしましょう。
なお、この時期から体を温めておくと生理痛がひどくなりません。

 

お腹の痛みは生理だけが原因でないこともあります。
子宮内膜症や子宮筋腫の場合でも生理前に痛くなることがあります。
あまりに痛い時はきちんと医療機関を受診するようにします。